メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また電磁波測定や生 活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

嫌がらせ/ストーカー対策のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

盗聴器発見調査 専門調査サイトの特徴necessary

盗聴器発見調査 専門調査サイト

盗聴器発見調査とは

盗聴器発見調査とはプライバシーを守る為、自宅や会社及びその周辺に仕掛けられている 盗聴器を発見するための盗聴電波の有無を調べて撤去することをいいます。

盗聴器発見調査で多くの依頼実績

様々な業種からのご依頼

弊社では様々な機関、法人、個人問わず多くの実績がございます。不動産会社、ホテル、法律事務所から会計事務所、官公庁や大手企業からの依頼などがあり、法人個人問わず多くの皆様にご利用いただいております。

どんな盗聴でも電波をキャッチ出来る機器を完備

リモコン式、ステルス式盗聴器、従来の盗聴器から、デジタル盗聴やスクランブル盗聴といった最新の盗聴電波まで様々な盗聴を発見できます。

スペクトラムアナライザー

広帯域受信機 AR6000

従来の盗聴はUHF・VHF帯といった盗聴器が多かったですが、近代において盗聴の内容も進化し続けています。

盗聴器の種類

無線式盗聴・有線式盗聴があります。

無線式はアナログ式盗聴器、デジタル式盗聴器、リモコン式盗聴器と云った種類があり 有線式盗聴ではコンクリートマイク、ボイスレーダーレーザー盗聴器等といった種類があります。 無線式は電池タイプやコンセントタイプ(電源を必要とする)ものがあり電池タイプは当然、電池がなくなればおのずと切れますが、コンセントタイプは電源が供給され続ければ半永久的に 盗聴電波を出し続けます。有線式盗聴の場合は例えば、コンクリートマイクなどにおいて壁の反対側から音や音声を拾うのですが、最近では巧妙な仕掛けや細工などを施して盗聴とは築かれ ないような手法を用いているケースなども増えてきています。

盗聴器・及び盗聴器発見調査の質問と回答

盗聴器発見は自分でも可能なの?

FMラジオで周波数を傍受する子音が可能です。すべての盗聴電波をキャッチすることにはなりませんが、稀にFM電波を用いた盗聴が行われています。発見の仕方は盗聴を調べる部屋で音(音楽)を出し続け、ラジオの周波数を Mhz端から順にゆっくりと変えていきます。そこでラジオのスピーカーから部屋の音がキャッチしたならばそこには盗聴器が あるということです。

盗聴器はどのような場所にあるのか?

室内の場合において比較的可能な設置されている場所は電気機器類やコンセントやコンセ ント付近。日常目にするもの自体に化けているケースがほとんどであったり機器類内部に あったりなど様々です。(テレビの周りエアコン、電話機室内照明、キャビネットやタンス テーブル付近からぬいぐるみやボールペンその他のモノ、パソコンの内部といったありと あらゆる場所に盗聴器は存在できます。また屋外に仕掛けられる場合は最も多いのが電話 線周辺に仕掛けるケース、電柱に仕掛けるケースはまれですが、家庭にある保安器ならす ぐに取り付けることは可能でしょう。マンションなどにおける場所なら電気メーター水道、 ガスメーターといった場所、このような場所でも室内の様子は確実に網羅されるのです。

なぜ盗聴器を仕掛ける人がいるの?

基本的に住居や事務所は外部の人間の侵入がなければ、身内やそこへ訪れる関係者となる場合が多いです。ただ、最近見受けられるケースは、盗聴マニア、また監視目的や情報収集の為に盗聴器を仕掛ける等も急増していますので、身に覚えがなくても他人事だと思わず身近な出来事だと考えてください。

盗聴器発見調査の事例・相談 ・会社にいる旦那が妻である私の行動を把握している
・近所の人が家族しか知らない事情を把握している
・市販の盗聴発見器で反応が出たがどこにあるか分からない
・部屋を留守中に自宅へに誰かが入った形跡がある
・元交際相手が私の行く先々を知っている
・会社の内部情報が他社に駄々洩れである
・自宅で電話で話していても聞かれている又は、ノイズがあると思われる
・勤務先で上司への愚痴が知れ渡っている
・自宅でラジオから部屋の音が聞こえる
・常に誰かが自分の様子をうかがっている
・家の周辺で不審者や、車やバイクが自宅近くで不穏な動きをしている

探偵興信社における他社との違い

当社 他社
アナログ式盗聴器 (~3Ghz,HF,VHF,UHF のアナログ)
アナログ式盗撮器 (探偵により費用は異なります)
デジタル盗聴器と盗撮カメラ
5.8Ghz 盗撮カメラ
リモコン盗聴器発見調査 〇
リモコンスクランブル盗聴器発見調査
25Ghz 迄 RF 探知
スペクトラムアナライザー使用
サーモグラフィ(熱画像カメラ)及び赤外線カメラ使用
~6000Mhz(6Ghz)広帯域受信機使用

盗聴器発見調査費用の一例

一般住宅 38,000円~
企業(事務所・店舗) 68,000円~
・部屋の広さや数、また周囲の環境等に応じて費用は変動します。
・盗聴(盗撮)器に対応するため盗聴や盗撮どちらか片方の調査に約1~2時間、盗聴・盗撮同時調査に約 2~3時間の調査時間を 1 回あたり要します。

お悩みの解決は1分の無料相談フォームから

あなたのお悩みにプロがお答えします!24時間無料相談フォーム

お電話ご相談窓口 24時間ご相談窓口

0120-984-307

お急ぎの場合お電話で受け付けております。

お悩みや、ご状況、調査したい事柄などなんでもお聞かせください。
またご要望があればあなたのご状況にあわせた調査費用の、お見積も承っております。
●入力してください
●入力してください
●入力してください
●入力してください●メールの形式が正しくありません
●入力してください
●入力してください
円くらい
●入力してください
※通信はSSLで暗号化されますので、
ご安心ください。